夏の憂鬱

今は9月。2019年、今年の夏も暑かった!

私は夏生まれなので、この季節は大好き。

夏の解放感と熱は、私にワクワク感をもたらしてくれる。

 

けれどいつからだったか、

夏になると強烈な鬱状態を感じるようになっていった。

 

その状態を例えるならば、心臓と肺が苦しい煙でいっぱいになって、息を吸うのも吐くのも一苦労。それでも何とか呼吸をするたびに、悲しさがMAXになって涙がこぼれてくる。さらに喉と腰に重い違和感があって、首の後ろが固くて何かが滞っている感じ。

頭の中も外もギューッと締め付けられて、「死んでしまいたい」「何もしたくない」と頭の中でこだまし続ける。

 

そしてその内、本当に無気力になっていって、動けなくなっていく。

 

この状態を初めて自覚したのは高校1年生くらいだったと思う。

初めて彼氏が出来て嬉しい夏のはずなのに、なぜか消えたい。何が起きているのか分からなくて、自分が自分でなくなるようでこわかった。見るとワクワクしていたまぶしい入道雲でさえ、覆いかぶさってくるようだった。

 

夏に始まり、その後2~3ヵ月くらい続くこの憂鬱。

社会人になってからもそれは続き、そうなると引きこもらざるおえなくなって、会社を休んで布団の中にこもりきりになったりしていた。

1日休めば何とか心は復活して行けるようになるんだけど、そのうち本当に病気になった。

 

虚無感とはまた違う、重くて停滞していて、ベトーっと癒着しているエネルギー。

 

ここ数年、この鬱発作は起こっていなかった。

けれど…今年の夏は違った!ドでかいのが来た!

 

夏に受講した、発達段階に合わせて自分を見ていく「エナジェティック?リレーションシップ」のワーク。このワークで何かがはじけた。

 

ワークで愕然としたことは、

「この世界にウェルカムされていない」と、細胞レベルで、骨の髄まで信じていたこと。

「欲しいけど、欲しくない。いやむしろ、欲しいとか思っちゃいけない」とニーズを禁じていたこと。

「私は欲することも出来ないので、他の人に私の欲求を叶えてもらおう!」と完全に自分を明け渡していたこと。

 

そう。

自分が「生きる」ということに、何の責任もとろうとしてなかったことが分かってしまったのだ。びっくりし過ぎて、帰りの電車の中とか様子がおかしかったと思う。

 

そして、忘れていた何かを思い出したように来た、夏の憂鬱。

でも今年はこの夏の憂鬱から逃げずに、向かいあうことができた。

 

ゆっくり、この重たくてベトっとしたエネルギーを感じていたら、存在を無視され続けている子どものイメージが浮かんで来た。

 

憤り、怒り、悲しみ、そして絶望。

けれど感情を感じようとするたびに、「それはダメ!」と自分に言い聞かせるもう一人の自分に叱責される。

少しの希望を感じては消し、「どうせこのままだから」と思い、それなのに願いが叶わないことに絶望して…の繰り返し。

 

その姿はまるでセルフDV。終わらない自己ネグレクト。

その子の周りには誰もいない。真っ暗闇。

いるのは自分の中のもう一人の自分だけ。

 

涙が止まらなかった。

こんなにもつらい状態を無視して、感じないようにして、あわよくばその存在を消そうとしていた。「ごめんね、ごめんね」と何度も抱きしめた。

 

不思議なことに、この時期から娘が常に「抱っこして抱っこして」と、力強い抱っこを私に求めるようになった。

わたしは、自分を抱っこするつもりで、力強く抱っこする。

35年以上放置し続けていたこのエネルギーは数日では解放されるはずがなく、未だ続いている。けれど不思議なことに、視界も思考も以前よりクリアだ。

 

焦ることなく、じっくり感じていこうと思う。

このエネルギーが愛に変わるまで。

 

写真はアフリカのモンバサで出会った猫ちゃん。

イスラム教徒の居住区には、猫が多い!

Asami

190913_ Asami_cats_s_1920

 

1dayワーク&その他

9月27日(金) チャクラカードリーディングの会〜チャクラ心理学

9月27日(金) チャクラカードリーディングの会〜チャクラ心理学

チャクラ心理学の理解に基づいた理解を元に読み解くチャクラカードリーディングでは、7つのチャクラ毎に35枚(全245枚)ものメッセージの書かれたカードを使って、私たちのチャクラにとって必要な課題を明らかにしていきます。

10/4(金)イントロダクション〜私のエネルギーを生きる

10/4(金)イントロダクション〜私のエネルギーを生きる

イントロダクションは、最初の扉であり、コースの間何度も戻ってくる大切な学び。このワークに参加しただけでも、突然望んでいた仕事につけたとか夫婦関係や親子関係が変わったという体験談をいただいています。気づきが起こると、止まっていた歯車が動き出し、生きる世界に変化が起き始めます。

 

個人コース

guy-2607498_1280

グループコース

HEベーシックコース(対面クラス)

181022_he_banner_3PR_love-starting-be

認定セラピスト養成コース

E7D_6328_e_s_2590

健康に、豊かに、自分らしく生きたいと望む現代人のための心の科学の学び舎

FindUs-FB-RGB-1067