聴いているだけで癒しが起こる、瞑想とセルフセラピーのエクササイズ

セルフセラピーが可能になると、私たちの毎日は気づきと変化の連続です。まずは、基本となるハートとつながる呼吸法を通して成熟した大人を育て、乳児期のインナーチャイルドを癒す、基本のエクササイズからスタートしましょう。

17分15秒

視聴期限:2022年12月末

 

ご注意事項

●画像サイズ960 × 540に対応していない端末では、画像が切れて再生されることがあります。ご注意ください。

●視聴には通信が必要となりますので、wifi利用をおすすめします。

 

この動画コースの内容

 

1. ハートつながる呼吸

ハートとつながる呼吸は、インナーチャイルドワークに入るための大切なエクササイズです。動画の音声を聴きながら、実際にエクササイズをすることで、日々の心のメンテナンスができます。瞑想の実践としても役に立ちます。

2. 乳児期を癒すためのフィーリング・エクササイズ

インナーチャイルドワークでは、人の成長を、乳児期、歩行期、学童前期、学童期、思春期の5段階に分け、それぞれの段階の成長を理解し、ニーズを満たしていくことが、癒しを促します。この動画では、乳児期のニーズを満たすためのエクササイズをご紹介します。

 

この動画で学べること

 

✔️ 癒しを受け取るための土台作り

呼吸法は、癒しを受け取るための大切な土台です。内なる静寂がやってくることで、自分自身に生じていることを、正確に捉えることができるようになります。

✔️ セルフセラピーのためのスキル

どんなセラピーであっても、癒しを起こすためには、本人の力が必要となります。呼吸法や瞑想によって、自分自身の内なるパワーを育てていくことができます。

✔️ 無理なく過去を癒す方法

インナーチャイルドを癒すために、過去を思い出す必要はありません。このエクササイズによって、過去の記憶を無理に掘り起こすことなく、インナーチャイルドに癒しを届けることができます。

✔️ 子どもたちとの健全で愛ある向き合い方

インナーチャイルドは、リアルチャイルドと同じです。インナーチャイルドを癒すことで、実際の子どもたちとの関係は大きく変わります。このガイダンスは、全ての大人たちが、子どもたちにとって安心できる環境を作ることをサポートします。

✔️ 内なる成熟した親育て自己愛

成熟した親のあり方を実践的に理解することで、自分自身をより深く愛することができます。もし、自分を愛せないと思っているなら、愛せないのではなく、愛し方を知らないだけです。エクササイズは、自己愛を育て、成熟を促します。

 

乳児期以降のフィーリング・エクササイズと、各年齢のニーズ、理解の大切なポイントは「年齢別チャイルドヒーリング」でご覧いただけます。

年齢別チャイルドヒーリング