Hさん(女性・40代・神奈川県)

先日の「チャクラの金曜日」のことです。

参加の動機は、テーマの通り「お金と豊かさ」について一度向き合いたかったからです。

あるところまでくると、まるで動かない自分のお金の信念。

参加メンバーのひとりが、「チャクラがつまってる」と表現した時、「あー、それかぁ」とわたしに響きました。

イーシャのチャクラエデュケーションは、準備体操(イーシャが最初に話しただけですが)の段階で、呼吸が通るような「チャクラ」が学ぶ準備をし始めたようでした。

それは一般的なチャクラの知識を超えたトータル・チャクラ・エデュケーションのようで、見方を変えたら「一つのテーマ」を全チャクラで見てみることができるという、一気に意識が広がり、「エネルギー」というのが理解できた瞬間でした。

HEベーシックコースでもエネルギーは感じられますから、チャクラをエネルギーとする点で、わたしはいろんなことが「分断」されてたんだなぁと実感したのです。

そしたら始めて「お金=エネルギー」というのがわかったのです。

その「お金=エネルギー」というのは何度も聞いたことがありますが、わたしはそれがずっとわからず、「お金=エネルギー」というハウツーを使って「お金を出せば入ってくるんだ」と、エイヤー!と使ってみては現実に困ったりしてました。

ハウツーじゃないんだ。

それをチャクラで見た時、学びながら涙が滲んでしまった。

乱暴に使っては第一チャクラが怖がり、
使わなくても第一チャクラが怖がる。

つくづくサバイバー的反応にもたくさん気づく。

それを感じて一度休憩。

午前の座学は終わりました。

自分で作ったお弁当をおひさまの下、一人で食べていたら美味しいこと美味しいこと。

午後はスペシャルゲストによるチャクラブリージング。

まるで動けないボディに、自分が下手なのか、第一チャクラの抵抗なのか、もはやどうでもいいけど、とにかく動けない。

もう、またまた改めて、第一チャクラが傷だらけじゃない、、、

そう感じたら徐々に動いてきました。

とにかく地道にチャクラを感じては下から上へ、上から下へと。

終わってからだを休めました。

「チ〜〜〜ン」

音色で目が覚めたわたしは摩訶不思議でした。

開口一番「100年の眠りから目が覚めましたぁ」と。

理屈じゃない。

そのあと、じわりじわりと感じてたら、二週間前にtomokoさんにやって頂いたカードセッションでの言葉「終わってることに気づいてないみたいだね」とつながったのです。

いつもながらですが、またスタートラインに立ったようです。

チャクラの見方、感じ方が今響き渡っているところです。

水曜日のアルケミスト〜アーキタイプと物語で自分を知る with みっち

コミュニケーションのための占星学 with 美季アムリタ