セラピーと瞑想は両輪となって、プロセスを歩む助けとなります。ぜひ日々の中に、瞑想を取り入れてください。現代人にとってアクティブ瞑想は特に重要です。

OSHO アクティブ瞑想

チャクラブリージング

●ガイダンス
※サイト上部から日本語が選択できます。

●ミュージック

ダイナミック瞑想

●ガイダンス

※ダイナミック瞑想の日本語による解説ページはこちら

●ミュージック

クンダリーニ瞑想

●ガイダンス

《動画翻訳》
この瞑想は日暮れか遅い午後に行うのがベストです。最初の2つのステージでシェイクとダンスに完全に没入することは、あちこちでエネルギーの流れが抑圧され、ブロックされた岩のような硬いあり方を溶かすのを助けます。それから、エネルギーが流れ、ダンスされ、祝福と喜びに変容されるでしょう。最後の2つのステージは、このエネルギーの全てを、垂直に流し、上昇しサイレンスに入ることを可能にします。これは、一日の最後に、緊張をほどき、手放すために、とても効果の高い方法です。
●インストラクション

この瞑想は、1時間のもので、4つのステージがあります。鐘が3回なるのを聞いたら、瞑想は終わります。
最初のステージ(15分):緊張を緩めて、体全体をシェイクさせます。足からエネルギーが動き出し上昇するのを感じます。それをあらゆるところに手放しながら、シェイクそのものになります。目は、開けていても、閉じていても構いません。
2番目のステージ(15分):感じるままに、ダンスします。体全体が望むようにさせます。目は、開けていても、閉じていても構いません。
3番目のステージ(15分):目を閉じて、静寂に入ります、立っていても、座っていても構いません。起こっているあらゆることを目撃していてください内側でも、外側でも。
4番目のステージ(15分):目を閉じたまま、横になり、静寂に入ります。

クンダリーニ瞑想の日本語による解説ページはこちら

●ミュージック

https://www.youtube.com/watch?v=5fBCzrMOijY


チャクラディアーナ

female voice long ver.

《動画内解説訳》ナマステ、チャクラディアーナ。これは、5千年以上もインドの先駆者達に知られていたとてもパワフルな瞑想です。サイキックボディのエネルギーセンターであるチャクラへの集中を行なっていきます。チャクラの活性化とは、様々な意識の扉を開くことを意味します。ですので、存在のとても神聖な状態へと私たちを連れて行ってくれるでしょう。最適にチャクラディアーナを行うためには、心地よく座り、背骨をまっすぐにしている必要があります。そして、人差し指を優しく親指に触れさせて、両手のひらを膝に乗せて上向きにします。目を閉じて深く息を吸って、息を吐きます。完全にリラックスしていきます。チャンティングが始まるのを待ち、チャクラの名前のチャンティングが聞こえたら目を閉じたままチャクラをイメージします。もしくは、チャンティングが定期的に聞こえるたびに、体の中でそのチャクラの場所に集中します。マントラのチャンティングを聞いたら、同じように内側に向かってチャンティングするか、静かにその場所に集中します。「クンダリーニ・アロハナム」と聞こえたら、輝く黄金の液体が、そのチャクラの内側を満たして流れるのを感じてください。そして、そのチャクラが同じく輝く黄金に変化するのをイメージします。この瞑想は、決して横になった状態で行ってはいけません。

female voice short.ver

male voice long ver.