アートセラピスト、直傳靈氣療法士、西洋レイキマスター、カバリスト、トートタロットリーダー、こころの木(プレイバックシアター)メンバー、NPO法人ここだね監事。

 

180306_美智代 吉田 - DF7C5610-727D-4D1A-814C-B20135A9D606_667_950_s_1920母の影響で幼い頃から勘が強く、不可思議な現象とともに育つ。
絵を描くことが好きで、寝食を忘れて何時間でも描き続けることが多かった。
親の転勤に伴い転校を幾度も経験。転校先では、イジメや差別的な経験もした。
18歳で父を亡くしたことがキッカケで、幼い頃日常となっていた不可思議な現象が戻ってきたことで、自分に何が起きているのか知りたいという思いと同時に、母の鬱をどうにか理解したいという思いから、心理の勉強を始める。30代でアートセラピーとプレイバックシアターに出会い、心の奥底にある本当の気持ち、感情について、またそれらと身体の関係を探求、現在に至る。
これまでの学びを活かし、セラピスト養成講座の構築、講義サポート、協会設立・運営サポートなどを経験。インナーチャイルドコースでは、クラスのオーガナイザー、スーパーバイズを務める。また、個人セッションも行なっている。