聴覚カウンセラーとして25年の経歴を持ち、英語教育のプロフェッショナルとしても長年ご活躍されている日本トマティス代表今井宏美先生に、子どもの発育や自分自身の育ちが、聴覚や脳機能とどのように関わっているのか、また、聴覚からできる能力開発について、2日間に渡ってお話しいただく特別ウェビナー「脳育〜聴覚教育による能力開発プログラム」を開催します。

子どもの成長について知ることは、大人自身の成長について知ることです。育児のお悩みを抱えている方はもちろん、ご自身の心や体の不調の原因とその改善方法について知りたい方に、言語で行うトラウマ療法の必要性を伝え続けてきたハートエデュケーションセンターが、この夏おすすめするウェビナーです。

日時&開催について

【DAY1】8月20日(土)10:00-12:00
【DAY2】8月21日(日)10:00-12:00

  • ウェビナーとは、参加される方のお声出しお顔出しの必要のない視聴型のオンライン講座です。
  • Zoomでの開催です。
  • お申し込み&お手続き後に当日の詳細についてご案内を受け取ることができます。
  • お申し込みの方全員に後日録画をお送りしますので、当日参加できない場合も、録画視聴が可能です(視聴期限:1ヶ月)。
  • 視聴期限を過ぎた後には動画販売を行う予定です(詳細は販売サイトよりご確認ください)。
  • 当日ご質問がある場合は、チャットで受付可能です。

こんな方におすすめです

✔︎ 子どもの能力を最大限に伸ばしたい
✔︎ 子どもの発達課題を漠然と感じている
✔︎ 子どもに学習障がいや聴覚過敏、その他気になる症状がある
✔︎ 子どもが不登校&ひきこもりをしている、または、その傾向がある
✔︎ 子どもに癇癪があって、育てにくさを感じている
✔︎ HSC(ハイパー・センシティブ・チャイルド)、HSP(パイパー・センシティブ・パーソン)というキーワードが気になっている
✔︎ 生きにくさを感じてきた自分自身の育ちが気になっている
✔︎ 自身に大人の発達障がいがあると感じている、また、その診断を受けたことがある
✔︎ 発達性トラウマ障がいについて気になっている

講師からのメッセージ

はじめまして、日本トマティス代表の今井宏美と申します。

聴覚のカウンセラーとしてコミュニケーション指導を行なって25年経ち、現在、横浜を拠点に教育活動を続けています。

今回は、WEBINARという形で2日間にかけて聴覚教育による脳力開発プログラムをご紹介させて頂きます。

このプログラムは、フランスの耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティス博士が開発した、トマティスメソッドに基いた脳力改善プログラムを元にお伝えします。

ルクセンブルグに本部をおくトマティスは世界40ヶ国約400 センターで実施されており、多くの効果が報告されています。

日本トマティスでは、公認トマティスカウンセラーの指導によって、きちんと聴覚を使える人々を育て、学習力、コミュニケーション力をアップするサポートをしています。

今回は、聴覚過敏、パニック、学習困難、ひきこもり、登校拒否、いじめのような問題のみならず、脳回路の問題を解決する鍵を握っているとも言えるこのプログラムを、脳力開発したいとお考えの皆様に向けて、理論編と実践編に分けて2日間に渡り開催させて頂きます。

WEBINARでお会い出来るのを楽しみにしております。どうぞ宜しくお願い致します。

講師紹介 今井宏美

日本トマティス(株式会社プロソディー)代表

トマティス聴覚コンサルタント、英会話講師、グロービッシュ協会主席インストラクターとして聴覚改善にフォーカスした会話力を、聴覚的、神経回路的アプローチで指導する。

語学、コミュニケー ションの分野で、発達障害や脳回路の問題点の改善、また、 向上のための、耳と声、心と身体の 有効活用方法を指導し25年、IMAI研究所を設立し更に研究を進める。

幼児からシニアの幅広い年齢層に、また、ビジネスマン、英語を使うプロである通訳、パイロット、弁護士などの幅広い職種の受講生に英語を指導して40年。延べ5000人の生徒を指導。 幼稚園、小学校、高校、大学、企業での 講習だけでなく、韓国において日本語、英語を指導。横須賀米軍基地にて日本語講師を務める。

奄美テレビにて司会者としてトーク番組、英会話教育番組作成。

著書

1日5分”高周波”英語トレーニング

 

これからの「教育」の話をしよう 2 教育改革 × ICT力

オーガナイザー・HEC代表 川村法子より

昨年8月、横浜にある日本トマティスの扉を叩いてから、約1年が経ちました。色々な場所でお伝えしてきましたが、私と娘(当時15歳)は、今井先生の元でトマティスの聴覚トレーニングを受講しました。小学校、中学校と荒れた学年の中で、相次ぐ学校問題に晒されたきた娘は、この数年、学校に行けなくなったり、適応障害を発症したり、テストでパニックを起こしてしまったり、非常に不安定な時期を過ごしていました。学校問題に奔走しながらも、私は、セラピストとして、親として、娘との時間を積極的に持って、感情トレーニングやトラウマ療法、コーチングメソッドを行い、娘の回復に尽力してきました。徐々に回復してきた娘ですが、娘の状態を見ながら、最後の決め手に欠けると、親として、セラピストとして感じていました。

そんな時、1冊の古い脳科学の本から、トマティス博士のことを知りました。学生時代に語学を専攻していた私にとって、トマティス博士の理論は納得のいくものばかりで、「これは本物に違いない!」と直観し、今井先生の元で聴覚トレーニングを受けました。

驚いたことに、娘の効果はすぐに現れ、これまでの問題がなかったかのように、娘は元気を取り戻しました。それ以来、おしゃべりで明るくて元気だった小学生時代のような娘の笑顔を毎日見ることができています。そして、笑顔が戻ってきた娘には、昨年秋から、目に見えて良い出来事がたくさん生じてきました。テストでは頑張った成果を感じて自信がつき、結果が出なかった時でも、すぐに切り替えて次に臨める精神状態になりました。これには本当に驚きました。また、演劇部の県大会で主役級の役を演じきり銀賞を受賞、志望大学の受験に前向きに取り組みながら、部活も学校生活も思いっきり楽しんでいます。

私自身も、トラウマサバイバーとして長年自分自身の癒しに取り組み、随分と生きやすくなってきましたが、トマティス博士の語学学習としてのアプローチに興味があり、娘と一緒にトマティスメソッドを受講しました。すると、スタートして数日で、内側に深い静寂がやってきて、子ども時代のような自由な体の感覚が戻ってきました。それ以来、育児と仕事で忙しくしていながらも、なぜか内側は静かで、かつての仕事中毒のような状態がすっかりなくなりました。これには、本当に驚きました。

トマティスと出会ってからの奇跡のような1年間を過ごしながら、「聴覚と脳の関係について、もっと知りたい!」という思いが強くなり、今回、私から今井先生にウェビナーを依頼させていただきました。言語によるトラウマ治療を行ってきたセラピストとしても、今井先生が伝えてくださる聴覚教育は納得のいくものばかりです。トラウマ療法、家族療法は効果的ではあっても、子どもには直接的には出来ないこともあります。直接お子さんへアプローチしたいと考えていらっしゃる方、直接的な脳へのアプローチをご自身の癒しのために求めている方、今井先生が伝える聴覚からの能力開発にぜひ触れてみてください。数々症例を見てきたトラウマ療法のセラピストとして、また、子どもの状態に悩んできた親として、多くの方にお伝えしたいウェビナーです。

ご注意事項

ハートエデュケーションセンターで提供している全てのコースは、医療行為と同等のものではなく、心療内科に通っている場合や向精神薬、睡眠導入剤などの精神状態に影響を及ぼす薬を服用中の方は、参加できません。過去に心療内科に通っていた、あるいは投薬治療を行なっていた場合も、漏らさずご申告ください。また、コース中に、上記のような薬の処方を受けた場合は、速やかにご相談ください。その場合、原則としては、コース参加は一旦見合わせ、治療に専念してください。ホリスティックなアプローチを希望される場合のみ、セッションを提供できるチーム内部、外部の担当者をご紹介します。

 

重要:お申し込みの前に【必ず】ご確認ください

1)ハートエデュケーションセンターで提供している全てのワークは、医療行為と同等のものではなく、心療内科に通っている場合や向精神薬、睡眠導入剤などの精神状態に影響を及ぼす薬を服用中の方は、ライブ参加クラス(コース)には参加できません。また、参加中に医療機関に通うことになった場合は、担当医の指示に従ってください。ハートエデュケーションセンターでは、病状や投薬、医療行為についてのいかなるアドバイスもできません。

2)参加中に個人に生じたいかなることに関しても、ハートエデュケーションセンターのスタッフやチームメンバーには責任はなく、ご自身が真摯に自分の内側に向かい合うことによってのみ、その出来事の奥にある真実に手を伸ばすことができるということをご理解ください。

3)ハートエデュケーションセンターは、特定の政治や宗教活動、また特定の利益に誘導するビジネスセミナー等とは関係ありません。勧誘を目的とした参加を固くお断りいたします。誹謗中傷などの風評被害が認められると判断した場合は、グループ活動から速やかに退出いただくことがあります。

決算完了時点で、上記に同意されたものとします。

 

お申し込み

ハートエデュケーションSTOREへ

HECと日本トマティスから発行されているクーポンコードをお持ちの方はご利用ください。


お問い合わせ

こちらのフォームから、または、以下のメールアドスまでご連絡ください。
info@hearteducation.center