顕在意識と無意識

人の意識は、顕在意識と個人的無意識、集合的無意識で示されます。

顕在意識で知覚していることは、意識全体の一部でしかなく、それ以外のほとんどを個人的無意識と集合的無意識が占めています。

幼い時のことで、すっかり忘れている記憶や感情は、個人的無意識に属します。

そして、実際には体験していないけれども、国の歴史や文化によって共有している信念や、男性性と女性性のそれぞれの信念、また、人類に普遍的な心のアーキタイプが存在する場所が、集合的無意識です。

この図にあるように、目で見えているのは、顕在意識だけですが、私たちはしっかりと、個人的無意識や、集合的無意識とつながりを持っているのです。

このワークでは、個人的無意識、集合的無意識に潜む《愛の勘違い》を顕在意識で認識し、真実の愛として有効かどうかを識別し、選択するワークです。

無意識領域では、《愛の勘違い》は、愛をもらうために有効だと認識されていますが、顕在意識で見ると、それは決して有効ではなく、むしろ愛とは呼べない場合も多々あります。

ですが、無意識領域に《愛の勘違い》が潜んでいる場合、顕在意識でどう頑張っても、自分の行動を変えることができません。

行動の強制では、無意識の思い込みを変えることは難しいのです。

《愛の勘違い》〜親がくれたもの

幼い頃に暴力を受けて育った子どもは、大人になった時に、暴力を振るったり、また、暴力を振るう相手をパートナーとして選ぶことがあると言われます(全員がそうだというわけではありません。)。

なぜから、幼い頃に受けた親からの痛みを愛と認識してしまい、それ以外のやり方で、愛する人と関わる方法を知らないからです。

《愛の勘違い》は、このようにして、様々な形で生じます。

いつも不機嫌な父親

いつも不安を抱えている父親

いつもイライラしている母親

いつもビクビクしている母親・・・etc

もし、両親が未解決の感情問題を抱えていて、それを家庭で振りまいているとしたら、理性が発達する前の子どもたちは、それを親から愛として受け取ってしまいます。

大事なことは、子どもたちは生まれた時から、感じることには長けていながら、それを識別する自我がまだ育っていないということです。

つまり、子どもたちは、幼ければ幼いほど、未成熟な親の暴力や暴言を愛として受け入れてしまうのです。

そして、それを、大人になっても、無意識に、愛の関わりとして利用してしまうことを《愛の勘違い》と呼びます。

《愛の勘違い》〜親が生きていたもの

大人の私たちにとっては、「孤独になることで愛を感じられる」という理論は不自然に感じるでしょう。

愛を感じたければ、誰かと温かなつながりを持ちたいと思うのが自然な気持ちです。

ですが、小さな子どもは、親が生きていた状態を愛として受け取って、愛と勘違いしてしまうことがあります。

つまり、父親や母親が、何らかの理由で孤独を感じて生きていた場合、その子は、孤独という在り方を愛として学習します。

そして、両親の子どもであるために、また、両親とのつながりを持つために、常に孤独を感じ、孤独を選択しようとします。

そうして大人になったその子は、孤独に苛まれながらも、そこから抜け出すことが難しくなってしまいます。

なぜなら、その子は、孤独であることを、親から愛として受け取ってきたからです。

《愛の勘違い》を手放す方法

以下は、《愛の勘違い》を本当の愛し方へ変えるための5つのステップです。

STEP1 愛の勘違いによる痛みを認識する

STEP2 痛みが生じていた原因に触れる

STEP3 その痛みは自分のせいではないと事実を認識する

STEP4 痛みを手放す

STEP5 適切な愛し方を選択する

内容

このワークは、上記の5つのステップに沿って、私たちの日々を、そして、人生を固定化している《愛の勘違い》を洗い出し、不要なものは手放して、自分らしい人生のための選択をします。シェアリングや、言語による表現、体感覚を使ったワークなどを用い、次のように構成されています。

  • 成長過程の課題について知る(乳児期、幼児期、学童期、学童前期、思春期)
  • 愛の勘違いとは何か
  • 母との関係
  • 父との関係
  • 境界線とは何か
  • アダルトチャイルド、インナーチャイルド、成熟した親の関わりを理解する
  • 愛の勘違いを手放す
  • 愛に基づいた選択

※構成は一部変更される場合があります。

日時

DAY1 言葉の力を解き放つ〜意識の目覚め

7月28日(日)開場 11:10 開始 11:20 終了 18:30

DAY2 身体の記憶を呼び覚ます〜統合と愛

8月4日(日)開場 9:20 開始 9:30 終了 18:30

途中、ランチ休憩1時間とティータイムが含まれます。

会場

JR根岸線本郷台駅徒歩すぐ(横浜市栄区)※会場の詳細はお申し込みの方にお知らせ致します。

こんな人におすすすめです

  • 幸せのための理論はわかっているはずなのに、なぜか人生が上手くいかないと感じている
  • お金について問題を抱えている
  • 仕事について問題を抱えている
  • パートナーシップに問題を抱えている
  • 親との間に問題を抱えている
  • 子どもとの間に問題を抱えている
  • 人間関係全般について問題を抱えている
  • ポジティブシンキングで生きてきたが、実際にはネガティブなことばかりが起こり対応できずにいる。
  • セラピーやヒーリング、カウンセリング、瞑想などの結果がなかなか感じられない
  • セッションを提供しているが、思ったような結果を与えられない

参加費(税込)

分類
DAY1
DAY2
2日間
一般
8640
11880
18460
コース受講生&修了生
5400
8640
12600
セラピストコース受講生
2160
5400
6800
*セラピストコース受講生価格は、セラピストコース受講中の方のための価格で、修了生は、コース受講生&修了生価格となります。

お申し込み&お問い合わせ

ファシリテーター