現地にて託児サービスが格安で受けられます。
詳しくはお問い合わせください。

HEベーシックコースへの最初の扉、イントロダクションが開催されます。

イントロダクションのみ受けた方からも、突然、望んでいた仕事につけたとか、夫婦関係や親子関係が変わったという体験談をいただいています。

それらは、内側のエネルギーの滞りが解消されることで自然と生じるもので、つかみとったり、目指したりするものではありません。

気づきがによってエネルギーは動き出し、まるで止まっていた歯車が動き出すかのように、生きる世界に変化が起き始めます。

まずは、ハートの扉を開けてみましょう。

扉の鍵はあなた自身の勇気です。

その鍵を手にしたなら、ハートの扉にそっと近づいてみましょう。

ハートを閉ざして来たのは間違いではありません。

そうすることしかできなかった自分自身と

その理由を理解することが、とても大切です。

イントロダクションでは、そのことを、優しく、丁寧に解き明かしていきます。

《日時》

7月8日(月)開場 13:20 開始 13:30 終了 16:30

《会場》

JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分 ※会場の詳細はお申し込みの方にお知らせ致します。

《内容》

専用テキストを用いて、心の世界を歩むための10の約束と、HEベーシックコースの17のキーワードの解説をします。内側にあるエネルギーを言葉にして、エネルギーを循環させ、ハートへつながるイメージングワークを行います。

《参加費》

*分類
*参加費
一般
5940(テキスト有)
再受講
3240(テキスト無)
受講生&修了生
一般&再受講と同じ
セラピストコース
無料(ヘルパー)
※全て税込表示
※テキストをお持ちの場合は、参加費から540円引きとなります。
※会場付帯の保育室で保育サービスが利用できます。(1歳6か月~就学前のお子様、事前予約制・有料)詳細はお問い合わせ下さい。

《お問い合わせ&お申し込み》

kae102706170706@gmail.com(オーガナイザー 吉田加恵)

《オーガナイザー 吉田加恵より》

吉田加恵
レイキマスター、ニューアンジュレーション・プラクティショナー、エネルギーマスターセラピスト、介護食士
東洋大学経済学部卒業後、レジャー関係の出版社で展示会の運営事務局に従事。
結婚・出産後、3人の息子を育てながら編集プロダクションに勤務。3年前の本講座直後に導かれるようにホスピスでの仕事が決まる。現在は介護食士として最期の「命をつなぐ食事」を作っています。感情はエネルギーであることに気がついてからは、エネルギーワークへの関心も高まり、現在も勉強中です。
若い頃から、「自分」ってなんだろう?と悩み続け、ついにはアジアを放浪・自分探しの旅へ……。親になってからも、子育ての悩みも多く、知りたい欲求は高まるばかり…。
そして3年前にこのイントロダクションを受講しました。
それまで自分の性格だと思い込んでいたものは、子どもの頃に親に愛され認められるための表現や行動パターンだということ。バームクーヘンのように重なった過去の防御創で形づくられた自分、例えるならば、ゆがんだ鏡に映る自分に思い悩んでいたわけです。長年の謎が解けたような一種の爽快感、「私という扉」を見つけた瞬間でした。
エネルギーが大きく動いた瞬間
不思議なことにその受講の直後、ホスピスでの仕事が舞い込んできました。そこで日々、死と向き合う方々と接するうちに、ある重大なことに気がつきました。お世話した方が亡くなりお別れに伺うと、ご遺体側で体感する“感じ”がそれぞれ違うのです。重い人もいれば、軽やかな人もいる。それは“感情には重さ”があり、生前に、心配、不安、怒りなど重い感情で生きた方は、重さゆえにそれが残って逝ってしまう。本来の自分に帰るということは、重いものをひとつひとつ手放していくことだと肌で感じています。
私の中のちいさな“自分”が、見つけてくれるのを待ち続けている
母親としての子育ての悩み、思春期のわが子に対しての重い感情は、身二つであるがゆえに苦しさは倍増します。でもそれは、傷だらけのチャイルドが、その存在を私に知らせくれていることなのです。そして、その子たちを迎えに行くことは私しかできないということも、そこではっきりと分かりました。
今回、人生のターニングポイントとなった本講座のオーガナイザーを務めるなんて夢のようです。この3年間、丁寧に自分の感情に向き合うことだけで、特別なことはしてきていませんが、少しずつ本当の自分につながる橋が架かってきたと感じています。
皆様に寄り添い美しい時間を過ごせることを願っております。

ファシリテーター